かつて私がブランコに乗って様々な街を旅していた頃、人々の営みを包み込むその光景に憧れたものでした。 窓辺に腰を据えるようになった今。かつての憧れは私の脳裏から消え去ることを拒み続け、私にシャッターを押し続けさせるのかもしれません。